AIが作曲する時代が来ても、人間だからこそできること。

コンピューターによる自動作曲というのは10年以上前から取り組まれていたような気がしますが、昨今のAIブームで、AIによる作曲ツールというのも出てきたようです。どんなアルゴリズムでできているのかわかりませんが、僕もとても興味がある分野です。でも、僕はAIの作曲は人間のライバルにはならないと思っています。その理由は?

魂がコンピューターに分析される日は来るのか?

Amper Music

こちらのAI作曲サービスがシェアされていて、早速試してみたんですが、まあ映像のBGMなどなら使う人もいるのかなあという感じでした。

深く掘り下げていないので、もっといろんな可能性があるのかもしれませんが、今までにもいろいろ試みられてきた自動作曲とそんなに違いがあるのかな?と思うところはあります。

これからももっといろいろなAIを使った音楽系サービスが出てくると思います。すでに出ているクリエイター系ツールで言えば、AIがミックスをアシストするプラグインだったり、AIでマスタリングができるサイトだったり。

なんだか、結局裏側でどういう解析をしているのかわからないので、(正直僕もAIと普通のコンピューターのデータ分析との境界線がわかりません)とりあえず流行り言葉みたいに使われているところもあるのかもしれませんね。

共感は、人間だからこそ。

将来的には、作曲する上でも人間が実際に手を動かさなくても、コンピューターがいいアイデアをどんどん考えてくれて、人間は最後にただ判断するだけ、という形になる可能性は十分にあると僕は思っています。

でも、コンピューターがいろいろなデータを解析して、これが一番売れる曲です、という曲を作ったとしても、人間が作った血と汗と涙の結晶としての作品、という面での共感は生まれません。

コンピューターやロボットにも、人格のようなものがあるので、そういう意味での共感、同情はあると思いますが、結局人間であり続ける以上、同じ人間の作り出すものに対する共感は強くありつづけると思うんです。

作る楽しみは消えない。

そして、何より自分で作曲をするということは、難しくも楽しい作業です。一つ一つ自分の好みで作り上げて、形にしていくわけですから、自分にとって特別愛おしいものになりますよね。

自分の曲が本当に好きと思えるまでにも、たくさんの試行錯誤がないとしっくりくるものができないですが、その分だけ作曲することが、話をするくらい自然なことになっていって、あなただけのスタイルができていくのではないでしょうか。

コンピューターが人間の仕事を奪う脅威をたくさんの分野で感じられている昨今ですが、音楽の世界ではシンセサイザーが生まれ、ドラムマシーンが生まれ、いろいろなテクノロジーが生まれるたびに、この仕事はなくなるとか言われてきました。

それでも、楽器演奏者もドラマーもいなくなっていません。むしろライブの需要が増えて、奏者の需要の増えたのかも?人間のクリエイティビティにはまだまだとてもコンピューターでは解析できない、数値化できない要素が無限に詰まっていると思うので、何も恐れることはないと思います!信じて自分の音楽をやりつづけたいですね。

この記事を書いた人

吉田 博
吉田 博
2004年、早稲田大学政治経済学部卒業後に歌を志す。メーカー営業マンとして働く傍ら2010年久保田利伸全国ツアーのコーラスメンバーに選出され脱サラ。楽曲提供、全国全都道府県ギター弾き語りツアーなど敢行。西野カナ"Dear Bride"、"Esperanza"、"beloved"他多数作曲(共作)、AKB48"M.T.に捧ぐ"作編曲、乃木坂46”光合成希望”作曲、XOX"ダイジョーブ"作詞作曲編曲など楽曲プロデュース。久保田利伸、嵐、堂本光一ツアーなどにコーラス参加。LIVEARTIST代表。

レッスンの詳細はこちら