ブログ400記事。細く、長く続けることの大きさ。


こちらのブログを毎回見てくださっているみなさん本当にありがとうございます。3年ほどかけてゆっくりマイペースで更新してきたこのブログも400記事目ということで、振り返りつつ継続していくためのヒントになれば。

頑張ったり頑張れなかったり。ムラがあってもいいじゃない。

小さい頃から宿題は直前に間に合わせで済ます、もしくは開き直ってやらずに学校に行って怒られるタイプだった私ですが、そういう傾向は未だにあるのかも・・

しかし自分で始めたものですから、別にノルマみたいにする必要もないし、無理やり適当なことを書いていても意味がない。

そんなこんなでやってまいりましたが、先月までに少し新しいことを考えることが多く余裕がなくなったのでしばらくサボりがちになっていたところ、また奮起して今月は毎日更新しております。

そんな感じでいいと思うんですよ。一番ダメなのは完全にやめてしまうこと。離れれば離れるほど、勘も鈍るし、また書くことへのハードルが上がってしまう。

何より大切なのは、習慣として、書くという時間を設けることかもしれませんね。

こうやって書いている間も、結論は大して見えておりませんw 書いている間にいろんなことが浮かび、ああそういえばああいう面白い記事もあったなとか思い出したりして、それをリンク貼って見たりして。

そういうアイデアも、書く、書き始める、ということをしないと生まれないんですよね。

これ作曲も全く同じです。曲を作り始めようと楽器に向かう、PCに向かう、ということをやらないと、歩いているだけでパッとメロディーが降ってくるなんてことはない。

それは、ずっと考えていて、取り組んでいるからこそ、ふっと休憩のように外に出てリラックスした状態になった時に正解が浮かぶ。

脳を働かせてるから、脳が勝手に答えを出してくれるんでしょうね。でもそれは常に意識して脳を働かせている癖がある人だけだと思います。

何度もいうよ。トライした数だけしか絶対に信じられるものはないと。

このブログでも、何かを実現するための考え方やノウハウみたいなことを散々わかったように言い散らかしていますが、熱心な読者の方はお気づきかもしれませんが、結論は一つ。

たくさんやれ。

それ以外に、絶対的な成功法則なんてない。いろんな方向に、いろんな角度から挑戦しつづければ、どんな困難な課題でもいつかまぐれでも当たる時が来る。

え、そんなの非効率?やってられない?でも、歴史に残る偉大な先人たちの誰一人として、効率的に偉業を成し遂げた人なんていない。

何か革命のようなものが起きる時、それはそれまでにないものを発見したり、生み出した時。だから先駆者はなんの手がかりのないようなところをひたすら探り探りやって行くしかない。

そこに効率なんて概念はあるわけないんですよね。

こうして何度も何かを伝えようと書き始めると、最初は何かの真似か、どこかで聞いたような話の寄せ集めだったかもしれないけど、

続けて行くうちに、だんだん自分の伝えたいこともまとまってきて、大切なことも浮き彫りになっていく。

そうして語り口もオリジナルなものになっていく。創作をつづけて、オリジナルなスタイルを見つけて行くプロセスってなんでも全く同じことだと思います。

結局、ステージに立って丸裸にされたら、この人はどれだけやってきたの??ってことが浮き彫りにされる。決して一夜漬けの宿題みたいにはいかないもんなんですねw

というわけで、今後も書くこと、歌うこと、作曲すること、場を作ること、いろんなやりたいこと全部をムラがあってもいいからちょっづつ続けていこうと思う次第です。

これからもLIVEARTISTをよろしくお願いいたします!

この記事を書いた人

吉田 博
吉田 博

2004年、早稲田大学政治経済学部卒業後に歌を志す。メーカー営業マンとして働く傍ら2010年久保田利伸全国ツアーのコーラスメンバーに選出され脱サラ。楽曲提供、全国全都道府県ギター弾き語りツアーなど敢行。西野カナ”Dear Bride”、”Esperanza”、”beloved”他多数作曲(共作)、AKB48″M.T.に捧ぐ”作編曲、乃木坂46”光合成希望”作曲、XOX”ダイジョーブ”作詞作曲編曲など楽曲プロデュース。久保田利伸、嵐、堂本光一ツアーなどにコーラス参加。LIVEARTIST代表。


体験レッスンを予約


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です