もっと夢の実現にコミットしたい!LIVEARTIST の次の構想。

liveartistでは、より成果につながる、より夢中になれるレッスンを目指していろんな改革を進めていこうとしています。その第一弾として、成果をどうやって測るか?という指標なんかを考え中です。

評価項目の設定

アーティストとしての魅力を評価する。

  • パフォーマンス
  • キャラクター
  • センス
  • エネルギー
  • ビジュアル

普遍的(一般的に一番好かれやすい=もっとも市場が大きい)魅力を手に入れることがメインの目的。
ex モテる要素、明るい、元気、笑う、可愛い、カッコいい、賢い、などの要素

それらの魅力を組み合わせて総合ポイントを増やす。評価は講師、いいねp、SNSポイントなど。数値の大小、向かっているベクトルによって、総合評価が異なる。

①パフォーマンス

努力次第でどこまでも引き上げることのできる唯一の要素。アーティストとしての運命を切り開く手段。

パフォーマンスは芸そのものであり、現状で自分が見せることのできる、人を魅了することのできる特殊な技能である。美しい、力強い、面白い、変わっている、泣ける、など方向性は諸々だが、なんらかの非日常性によって人々の心を夢中にさせ、ひとときのカタルシスを味わわせることができるスキル。

②キャラクター

三つ子の魂百まで。ある種、変えることの難しい、その人間が本来持つパーソナリティ。

おとなしい、活動的、賢い、社交性、など、本来その人間が持つ性格を無理に変えることが難しい場合があり、それに沿った方向でアーティスト性を作っていく方が無理なく幸せである場合がある。しかし、これは特にグループなどで活動する場合、お互いの足りない要素を補い合ったりする可能性が高く、一概にこういう性格だからこういう方向は無理、と言えるものでもない。

③センス

センスとは、情報のアンテナの張り方、興味の方向、強度であり、個々の方向性に強く関わる。

育った環境、それまでに見聞きしたものでセンスの方向は変わりやすい。一般的な“服のセンスがいい”などの価値観も、服というものに興味を持つような環境を経てきた場合が多い。音楽もしかり。これも後天的に変えることが難しい場合もあるが、特定のテーマを深く掘り下げるうちに、そのテーマに敏感になり、そのセンスが冴えていくことは十分にありうる。

④エネルギー

人はエネルギーのあるところに集まる。モチベーション、行動力、成功に近づくためのもっとも大切な要素。

健康、活動量、行動量こそが、実際に現実を変えていくための唯一の手段であり、このエネルギーと強い意志さえあり続ければ、どんな現実も変えることができる。しかし環境、生活習慣などでエネルギーは衰退しやすい傾向もあるので、評価軸としてとても重要。キャラクターに関わる思考パターンにもかかわってくる。

⑤ビジュアル

人は見かけによる。特にアーティストは。人間的オーラ、センス、自信にもつながる要因。

見た目が良く生まれるということは運でしかないのかもしれないが、後天的に磨くことも可能。運動をする事で見た目も磨いたり、流行を取り入れることでビジュアルを作り上げたり。セルフプロデュース、初期段階では、ファンの印象を左右する特に大切な要素。

 

とまあ、こんな感じで項目を設定して、評価軸を決めポイント化しつつ、どこをどう伸ばせば実際に成功しているアーティストに近づけるか?などの目安にもできたらいいなと思っています。

また何か発表できそうになったら公開していきますね!

 

この記事を書いた人

吉田 博
吉田 博
2004年、早稲田大学政治経済学部卒業後に歌を志す。メーカー営業マンとして働く傍ら2010年久保田利伸全国ツアーのコーラスメンバーに選出され脱サラ。楽曲提供、全国全都道府県ギター弾き語りツアーなど敢行。西野カナ"Dear Bride"、"Esperanza"、"beloved"他多数作曲(共作)、AKB48"M.T.に捧ぐ"作編曲、乃木坂46”光合成希望”作曲、XOX"ダイジョーブ"作詞作曲編曲など楽曲プロデュース。久保田利伸、嵐、堂本光一ツアーなどにコーラス参加。LIVEARTIST代表。

レッスンの詳細はこちら